~スポーツ外傷と応急処置~

スポーツに怪我はつきものですが、適切な処置を行うことにより、傷部位の障害を最小限に留めることができます。こちらでは、スポーツ外傷の症状や応急処置(RICE処置)についてご紹介いたします。

松井山手周辺で接骨院をお探しなら、様々なお悩みに対応するリファイン鍼灸整骨院へお任せください。

スポーツ外傷とは

スポーツ外傷とは

スポーツの最中に身体へ急激な力が加わることで起こる怪我を「スポーツ外傷」といいます。具体的には、オーバーワークによる筋肉や靭帯の酷使・鈍的外傷(転倒など)・骨折や脱臼・捻挫や靭帯損傷などがスポーツ外傷にあたります。

特に、身体を動かすために欠かせない筋肉と靭帯は、大きな負荷がかかると損傷しやすい部位でもあります。身体を動かす前に筋肉を伸ばしてウォーミングアップするのはもちろん、身体を動かしたあとはクールダウンをすることでスポーツ外傷を防ぐことが大切です。

また、身体の歪みや左右の差によって各部位にかかる負荷が異なると、スポーツ外傷は起こりやすくなります。普段からストレッチで筋肉や靭帯を伸ばしておき、身体の歪みを整えておくのがおすすめです。

松井山手の周辺でスポーツ外傷のケアができる接骨院をお探しでしたら、ぜひリファイン鍼灸整骨院をご利用ください。

応急処置(RICE処置)の方法と目的

応急処置(RICE処置)の方法と目的

万が一スポーツ外傷が起きてしまった場合は、適切な機関で治療を行うまでの間RICE処置を行うのがおすすめです。RICE処置を行うことで、損傷部位に障害が残る可能性を最小限に留めることができます。

こちらでは、RICE処置の方法と目的をご紹介いたします。

安静(Rest)

損傷部位の出血や腫れを防ぐために、テーピングなどで固定します。

冷却(Ice)

血管から体液が漏れることにより損傷部位が腫れます。アイスバックや氷を入れたビニール袋で損傷部位を冷却することで、血管が収縮して体液の漏れが減り腫れを抑えることができます。

圧迫(Compression)

スポンジやテーピングパッドを損傷部位にあてて、テーピングや包帯で軽く圧迫します。患部の内出血や腫脹を防ぐのが目的です。

挙上(Elevation)

損傷部位を心臓よりも高く上げることで、腫脹を軽減または防ぎます。

接骨院へ通いたいとお考えなら松井山手の駅近くにあるリファイン鍼灸整骨院へ

スポーツ外傷は適切なケアを行うことにより、その後の再発やパフォーマンス低下を防ぎます。思わぬ怪我で学校や練習場近くの病院へ行ったが、近くの接骨院へ通いたいという方は、京都府京田辺市にあるリファイン鍼灸整骨院へお越しください。

リファイン鍼灸整骨院は、松井山手駅近くにある整骨院です。スポーツ外傷が原因による不調(スポーツ障害)のケアはもちろん、もちろん、肩こり・腰痛・ぎっくり腰への施術にも対応しています。気になることがあればお気軽にご相談ください。

松井山手で接骨院をお探しならリファイン鍼灸整骨院へ

店舗名 リファイン鍼灸整骨院
住所 〒610-0351 京都府京田辺市大住ケ丘3丁目8−2
TEL 0774-64-5757
お車 枚方方面から 国道1号線(八幡洞ヶ峠交差点)を松井山手方面へ
関西文化学術研究都市から 山手幹線松井山手方面へ
大住ケ丘交差点付近にあるスーパーナカガワ大住ケ丘店様の隣にございます。
電車 JR大住駅から徒歩10分
URL http://refiness.com